バナー

人間ドックで婦人科の検査項目もチェックできる

一般的には乳がん検診と子宮がん検診の2修理のがん検診を行う検査を婦人科検診と呼びます。

婦人科検診に健康診査を合わせた検査コースはレデイースドックなどとも呼ばれます。


人間ドックは一般的な健康診断よりも詳細な検査を行うことで日本人の死因の多くを占める心臓病、がん、脳疾患などの早期発見を行うことができます。


人間ドックの中に女性ならではの婦人科検診を合わせて受けることができます。


人間ドックの中に婦人科検診の検査項目が含まれているものもあり、検査内容やコース名はその医療機関によってさまざまです。

そのため自分が希望する検査項目がすべて含まれているかどうかは検査のコース名だけでは判断できません。

検査を受診する予定の医療機関で、検査項目にどのようなものが含まれているかを事前に把握するのがおすすめです。
女性特有のがん検診は30歳以上の女性は特に毎年受けるのがおすすめです。

乳癌の検査でい称されるマンモグラフィ検査は乳がんの早期発見が可能なのがメリットです。小さな石灰華のある乳癌の発見などには特に適しています。ただし検査に際しては多少の痛みを伴うところと20代から30代の乳房は乳腺が発達しているので十分に病変を検出しにくいのがデメリットです。

子宮がんでは頸部細胞診や子宮体部細胞診、啓蟄エコーなどの方法があります。



近年は骨盤腔MRIなども採用され、卵巣の状態もチェックできるようになっています。



人間ドックに婦人科検診の検査項目を加えることで、誰もがかかる可能性のある婦人科の疾患の早期発見に効果があります。